耳鼻咽喉科・アレルギー科の医療法人社団 千秋双葉会 北習志野耳鼻咽喉科


船橋市習志野台2-1-3 アゼリアビル1F
お電話でのお問い合わせはこちらから
tel047-467-8800

乳幼児の難聴

乳幼児難聴は早期発見がとても重要です。難聴児に早期に機能訓練や言語指導などを行うことにより、良好な言語発達が得られることが報告されています。
お子様は3歳までにたくさんの単語を習得します。
3歳の正常聴力児の語彙は平均700語、誕生時に聴力障害を発見して対策を施した子供は、約400語を習得し、生後6ヶ月で発見して対策を施した子供は280語、2年で聴力障害を発見された子供はわずか25語の語彙であった」というアメリカでの報告があります。このように重症の両側性聴力障害でも、早期に補聴器などの適切なケアを行うことにより、正常なお子さまと同じくらい「言葉」を獲得することができます。

耳の構造と聞こえのしくみ

最初に、耳の構造と聞こえのしくみをお話いたします。耳の構造は、外耳、中耳、内耳に大きく分けられます。鼓膜の奥に中耳腔という空間があり、ここに鼓膜の振動を内耳に伝える3個の骨(耳小骨:ツチ、キヌタ、アブミ骨)があります。
外耳から入った音は鼓膜を振動させ、それが耳小骨を伝って内耳に入ります。内耳の蝸牛(かたつむり)部分にある聴覚神経が振動を感じ取り、その信号を脳に伝えて「聞こえる」ということになります。

聞こえが悪い場合に考えられる病気

聞こえが悪い場合に考えられる病気はたくさんありますが、小さなお子様ですと、主なものは以下のとおりです。

1.外耳道や鼓膜に原因
耳あか 外耳道炎 先天性外耳道閉鎖症 小耳症
2.中耳に原因
中耳炎(慢性中耳炎、滲出性中耳炎、急性中耳炎、耳管狭窄症、耳管開放症)先天性中耳奇形、真珠腫中耳炎(慢性中耳炎、滲出性中耳炎、急性中耳炎、先天性外耳道閉鎖症および小耳症で中耳奇形をともなうもの。
ここまでの1,2は伝音性難聴といわれるものです。中耳炎慢性中耳炎に代表されます。この中で滲出性中耳炎は、中耳に水が溜まる病気で急性中耳炎と違い痛くないためしばしば見逃されます。
3.内耳に原因
神経性難聴、感音性難聴と言われるものです。お子様ですと遺伝性難聴、内耳奇形などの先天性のものやおたふくかぜ、先天性風疹症候群、などのウイルス性もあります。その他内耳炎特に中耳炎からの炎症の波及によるものなどの細菌性もあります。
4.そのもっと元(中枢)に原因するもの
聴神経腫瘍や脳血管障害など(小さなお子様ではまれです。)

乳幼児用の優れた難聴スクリーニング方法

先天性の難聴は、2 歳から3 歳頃、言葉の発達の遅れで発見される場合が多いと言われてます。しかし、言語発達には臨界期があるために、早期発見の重要性は従来から指摘されていました。先天性の難聴は1,000 出生中の1~2人と言われています。これまでは有効なスクリーニング方法が得られていませんでした。近年、新生児用の優れたスクリーニング方法が開発され、生後6カ月以内に聴覚障害の診断を行うことが可能になりました。難聴児に早期に機能訓練や言語指導などを行うことにより、良好な言語発達が得られることが報告されています。新生児聴力のスクリーニング方法には自動聴性脳幹反応(AABR)と耳音響反射(OAE)があります。
最近は出生時に産婦人科で自動聴性脳幹反応(AABR)を施行することが多くなってきました。簡単に短時間の検査で聴覚系の全経路を検査できます。しかし、その精度にはまだ改善の余地が残されています。
一方、OAEはプローブの挿入方法、耳垢、滲出液に影響されるため、内耳より中枢の異常は検出できませんが、外耳道、中耳の観察や鼓膜の動きを調べる検査と同時に行うことにより、かなり正確なスクリーニングができます。

耳鼻咽喉科の病気に戻る

e-net インターネット予約はこちら

診療時間

診療時間のご案内 日・祝
9:00 ~ 13:00 - -
15:00 ~ 18:30 - -

★土曜日午後は15:00~17:00